ブラジル ダテーラ農園 アマレロ 200g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

ブラジル ダテーラ農園 アマレロ 200g

¥1,400 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 挽く(粉状)

ブラジル ダテーラ農園 アマレロ(黄色く完熟する実) 甘いフレーバーを生み出すことで有名な、黄色の実が生る様々な品種を配合で良質のナッツを思わせる重厚な甘さやがあり、また奥深く適度な酸味とボディ、クリーンで甘さの感じられるアフターテイストも素晴らしいです。 地域 ブラジル ミナスジェライス州 パトロシーニョ市 認証 RA認証(レインフォレストアライアンス) 品種 ムンドノーボ、カツーラ他 標高 1,000~1,100m 収穫期 6月~9月 加工方法 パルプトナチュラル 乾燥方法 天日乾燥と機械併用 ダテーラ農園はブラジルのセラード・デ・ミナスにあります。 

 この農園は農園内にウェット・ドライの全てのミルがあり、生産から輸出まで全て一貫して農園内で行うことが出来、栽培は全てトレーサブルで、GPSを使い土地を細かい区画に分けて管理しており、肥料散布、収穫がいつ誰の手で行われたかまですべて情報管理がなされております。 

"DATERRA"という農園名は、ブラジルの公用語であるポルトガル語で "Da Terra" から来ており、
英語で言う、"From The Earth"の意味。
 この農園名にこめられた想いは、母なる大地である自然環境を守りながら、そこから生まれるコーヒーを地球の恵みとし、その価値を最大化していきたいという、農園のオーナーと、その農園で働くすべての人々の理念です。 

 その理念に基づくよう、ダテーラ農園は、2003年にブラジルで最初にレインフォレストアライアンス(RA)認証を取得いたします。
 本農園を経営するダテーラ社は売上の5%を寄付に充てるといった様な活動も積極的に行っており、社会福祉面への関心が非常に高く、農園内にはワーカーの為の住居、学校、セミナー施設、自然保護区等が整備され、持続可能な農業への意識がとても高いです。 
直近では2030年までに300万本の植樹を行うことを目標とした”Trillion project”(トリリオン・プロジェクト)や自前の教育基金を設立し、子供たちへの奨学金を提供する”Fundacao Educar”(フンダソン・エドゥカール)などRA認証が近年特に重要視しているいくつかの項目の解決にも通じうるものとして、独自の取り組みを自発的に行っています。 

 ダテーラ農園の現在の輸出営業マネージャーのGabriel Moreira氏は、まさにこの奨学金を得て勉学に励んだ人物で、今も、週末にこの基金が開講する週末の英語授業の講師を務めているなど助け合いの精神を持った優しい農園です。

 ダテーラ農園のアマレロは甘いコーヒーとなることを目標に作られた、良質のナッツを思わせる、重厚な甘さを誇るコーヒーです。 
 そのために甘いフレーバーを生み出すことで有名な、黄色の実が生る様々な品種を配合してあります。 
黄色のチェリーは、赤いチェリーに比べてより日光を反射するので、チェリーが涼しく保たれ、実が成熟するスピードを遅くします。
  成熟が遅くなるほど豆の状態は安定し、糖分を作り出す時間が長くなることで、甘みが強い豆が育ちます。
  また、奥深く適度な酸味とボディを併せ持ち、クリーンで甘さの感じられるアフターテイストにリフレッシュさせられます。 

 ダンボール箱に12.1kgのアルミの真空パックを2個詰めた、ダテーラ農園独自のパッキング「ペンタパック」で届くので、保管にもとても優れているのが特徴です。